ゴムスポンジ加工やウレタン加工は大阪の株式会社ピーゼットへ

メールはこちら

rss

 

pandoranohako

医学界にない概念

医学界には「L字坐法という座り方間違いで骨盤が股関節を支点に回転沈下する」という概念がありません
「骨盤は本来歪んだりするものではない」という不文律=暗黙の了解があるようです
それは「人間が立って活動するだけの動物であるなら」ある程度その通りです
なぜなら骨盤の左右にしっかりと大たい骨がはまって股関節を形成し、大地との重力的連携を保ち、
骨盤を水平に支えているからです
しかし、人間は動物の中で唯一「椅子に座る」という行為をします
そして、最初に椅子を作った人が、良かれと思って太ももにまで重心が分散する椅子を作ってしまった
それによって重力が坐骨に集中せず股関節から大腿骨に分散し、股関節を支点に骨盤が回転沈下するという<体内引力×L字坐法=骨盤沈下という最悪の体内物理>が起こっていたのです
そして有史以来、それが当たり前のように世界中に広がり、21世紀の今現在も世界中の椅子や座席が
L字坐法をさせるものがほとんどです
それがどれほど人間本来の力強い生体機能を低下させているか?
そしてそれがどれほど体の不具合・病気という医療の仕事を生産してきたか?
裏を返せば、もし最初に椅子を作った人が、お尻だけで座る物を良しとし、流行らせたならば
これ程までに医療費がかかる世の中にはなっていなかったという事です
お尻だけで座る椅子(I字坐法座具)は坐骨に重力が集まり、坐骨が杭打ち効果・トランポリン効果となって、
骨盤が沈下したり傾いたりすることがないのです
ところがL字坐法座具は骨盤にかかる重力が坐骨に行く前に股関節にかかり、そこから大腿骨に分散するため
坐骨に重心が集まらず、股関節を支点に骨盤が回転しながら沈下してしまうのです
そしてその回転沈下はその人の肉体的癖によってあらゆる三次元の方向に変化します
骨盤沈下は左右の寛骨のズレを容易にして腰痛を引き起こし、骨盤内にある臓器機能不全につながり、
当然に左右の寛骨の間にはまる仙骨をも沈下させ歪ませます
<骨盤と脊椎が沈下して歪む>それがどれほど人体の健全な生体機能に悪影響を与えているか?
医学界の皆様なら説明するまでもありません
それとも「そんなことはあり得ない」とおっしゃるのでしょうか?
しかし、私が偶然見つけてしまったZは紛れもなく人間の凄い生命力のスイッチとなるものです
この事実を医学界の方々はどう受け止められるでしょうか?
どちらにせよ私のような無学でちっぽけな会社の社長がどんなに大声で叫ぶより
権威ある医学界の皆様がこの事実を受け止めて頂く方がよほど世間の皆様は納得されるのです
どうかZ見てみぬ振りはしないでください