ゴムスポンジ加工やウレタン加工は大阪の株式会社ピーゼットへ

メールはこちら

rss

 

万病克服宣言

昭和29年生まれの男性である私は60歳まで人なみに万病保持者でした

右腰が落ちるひどい腰痛で30年間カイロプラクティックの先生が頼りでした

そしてひどい肩こり保持者でもあり月一回の1時間半のマッサージは楽しみでさえありました

そして2年に一度の歯の不具合での歯医者通い

そして1~2年に一度の風邪ひき

そして中高年特有のメタボ腹・・・

私はそんな悪友たちと一生付き合う覚悟でいたのです



ところがある日を境に私の肉体は大きく変化しだしたのです

それは会社の商材である特殊な高反発ウレタンの残材に座りだしたことに起因します

そして4年を経過して64歳の今の私は信じられないほどの健康を享受しています

まずはあれほど苦しめられた腰痛が跡形もなく消え去りました

それどころか今の私の腰はどんな重労働をしてもびくともしなくなったのです

それだけでもうれしい限りなのに時がたつにつれ肩こりまでも霧散したのです

腰痛がなくなり肩こりまで治って「超ラッキー!」

ところがそれで終わりではなかったのです

いつのまにかブヨブヨとしていた私のメタボ腹がスッキリとし

歯医者にも行く必要を感じなくなるほど歯と歯のかみ合わせが快調になり

定期的に引いていた風邪さえひかなくなったのです




つまりはこういうことだったのです

私の腰痛の原因は30歳の時に武道の試合で利き足の右足に負荷をかけすぎたため

骨盤を形成する右の寛骨を落ち込ませたことが原因でした

そうしてそれが癖となってせっかく治療してもらっても時がたって疲れがたまると

また右腰が落ち込んできて腰痛を引き起こし歩くのも困難になる

そのたびに整骨院の先生に治療してもらわなければまともな生活ができないほどだったのです

そんな私がたまたま会社で長年扱ってきた特殊なウレタンの端材に

たった15分ほど何気なくデスクワークで座っていた・・・・

そして作業に行こうと立ち上がった時、私の脳に激震が走ったのです

「チョット待った!!この軽くて気持ちいい腰の感覚は何だ!?

いつもの重苦しい俺の腰はどこへ行ったんだ!?」

私の脳が確かにそう叫んだのです!!



私は直ちにネットで骨盤の正確な模型(男性用と女性用)をさがし取り寄せました

そうして骨盤の仕組みを腑に落とし

「なぜ高反発のウレタンの端材にお尻(座骨)でたった15分ほど座るだけで

私のいつもの重苦しい腰が軽く気持ちよくなったのか?」の解明に取り掛かったのです

何度も座ってみることで私はある一つの結論に至りました

少々大げさな表現になって恐縮ですが


「私たち人間は地球の強い重力を軽視するあまり、太ももを使うL字坐法で骨盤沈下を招いていた」

「その骨盤沈下によってあらゆる健全な生体機能を眠らせてきた」

「医学界を筆頭に人類のアカデミズムはその事に今だ気づいていない」

「私は偶然にも高反発ウレタンの端材にお尻だけで座るi字坐法をしたために

長年のL字坐法で地盤沈下し左右のバランスを崩していた骨盤を

股関節を支点に体内上位に押し上げることで骨盤の左右のズレまでをも矯正し

それによって緩んでいた脊椎までをも下から圧縮することで骨格のバランスが均整化し

それによって肩関節に全く負荷がかからなくなったことで肩こりも霧散し

その上に乗る頸椎までも完璧な状態になることで歯のかみ合わせまで完璧になった

だからこそそれに付随する血流・リンパ流・神経伝達まで一切の淀みがなくなり

肉体の隅々まで心地良さが実感できるようになり

生体機能・免疫機能が完璧になったためか風邪さえひかなくなった」



ということなのです





2019年1月18日 株式会社ピーゼット
座る革命 体内物理研究所 
代表 和田充雄