ゴムスポンジ加工やウレタン加工は大阪の株式会社ピーゼットへ

メールはこちら

rss

 

腰痛と不妊

 

 医学も食料も未発達だった昔、日本の農家はどこも子だくさんでした。ところが現代は医学も食料もはるかに発達しているのに不妊で悩む人々がどれほど多いことか!?それは腰痛の原因を見抜けなかったことと根本原因は同じです。

 さらにいえば、近代化すればするほど日本のみならず世界中で腰痛や不妊に悩む人々が増えているのです。それは明らかに近代化し、便利化することで人間の座る機会が増えているからに違いありません。そして問題は座ること自体ではなく座り方なのです。

 日本の昔の農家のご夫婦は田畑まで歩いて行き、朝から晩までぬかるんだ田畑で自らの足で農作業をされていました。だからこそ骨盤周りの筋肉や靭帯が強靭に鍛えられ、骨盤のあるべき位置も角度も健全で骨盤内の生殖機能も正常に機能していたのです。それに比べ現代の不妊に悩むご夫婦は、便利化し安楽化した社会で太ももを使って座る機会が増えてしまったからこそ骨盤が股関節を支点に地盤沈下し、骨盤内臓器(生殖器)不全を招いているのです。つまり腰痛と同じく不妊さえも、地球の強い重力を軽視した人類の太ももを使うL字坐法が人間の体内物理を崩壊させた原因だったのです。

 万有引力の強く働く地球において、脳の小さい人間以外の動物は4つ足で脊椎を健全に保っています。それに対し脳の大きい人間は直立2足歩行でないと脊椎を健全に保てないのです。つまり、地球の強い重力に対して、垂直線のi字でこそ人間は骨盤を基盤とする脊椎を健全に保てるのです。

 それなのに、人類は太ももを使うL字坐法を選択してしまったのです。そうして何の疑いもなく2019年の現代においても世界中の人々がL字坐法をし続けているのです。それでは強い重力の働く地球で、直立2足歩行でこそ脊椎を健全に保てる人間が、太ももに重力を分散させるL字坐法をするといったいどうなるでしょうか?

 まず、脳・内臓・骨・筋肉・脂肪・血液などの重量が骨盤にかかります。この時点でもしお尻だけで座っていれば、重力が100%左右の坐骨に集中し、座骨がくい打ち効果を発揮して、立っているときと同じi字で重力を支えることができ、骨盤と脊椎を健全に保つことができます。ところが太ももを使うL字坐法をすることによって、重心が垂直ラインにあるべき座骨から太もも側に移動してしまい、左右の坐骨がくい打ち効果を発揮できなくなってしまうのです。それによって股関節(大腿骨骨頭)を支点に骨盤が肉体の海の中で回転沈下してしまうのです。

 骨盤が股関節を支点に落ち込むとどうなるでしょうか?一言でいえば体幹が緩むのです。体幹が緩むからこそ骨盤を形成する左右の寛骨がバランスを崩しやすくなり腰痛を引き起こします。そして骨盤のあるべき位置や角度が微妙にずれるからこそ骨盤内の臓器不全(整腸機能不全・泌尿器不全・生殖器不全)を引き起こします。そして骨盤を基盤とする脊椎の緩みは腰椎・胸椎・頸椎・肋骨・肩関節・歯の噛み合わせ不全に連鎖していきます。

 そして脊椎が緩み骨格がバランスを崩せば、それに付随する内臓機能・循環器機能・神経系統に不全を引き起こすのは物理的必然です。そして骨盤が股関節を支点に沈下することで骨盤直下の血流・リンパ流をも阻害し淀ませ、あらゆる難病に連鎖していることも想像に難くありません。

 目に見えない地球の強い万有引力を軽視したために、人類は致命的な座り方間違いを起こし体内物理崩壊の連鎖を招いている。そこに目を向け座り方を改めれば人類は異次元の健康を享受できるようになります。それはもはやザコザーラを4年間使い続けた私の信じられないくらいの強靭かつ万病無縁の肉体が証明しています。

体内物理研究所(座る革命) 代表 和田充雄