ゴムスポンジ加工やウレタン加工は大阪の株式会社ピーゼットへ

メールはこちら

rss

 

体内物理のドミノ倒し

~体内物理崩壊の連鎖~



 
 私たち地球人は太ももを使うL字坐法で体内物理を狂わせています。地球には強い万有引力(重力)

が働いており脳の大きい人間は直立2足歩行でこそ脊椎が健全に保たれています。ところが人類は座

ることを覚え見えない重力を軽視するあまりに、より安楽に座れる太ももに重力を分散させるL字坐法

を選択し長い年月をかけて定着させました。しかしここに人類が万病スパイラルに陥る落とし穴があっ

たのです。

 
 正しい座り方の結論から言えば、人類はお尻だけで座る文化を定着させるべきだったのです。そうす

れば骨盤最下点の左右の坐骨に重力が集まり座骨が重心となって、座骨がくい打ち効果を発揮して骨盤

の位置と角度を狂わせることがなかったのです。そうすれば大切な脊椎も緩めずそして歪めず、当然に

それに付随するあらゆる生体機能も物理的に健全さを保つことができたのです。
 
体内物理研究所(座る革命)