ゴムスポンジ加工やウレタン加工は大阪の株式会社ピーゼットへ

メールはこちら

rss

 

肉体と建物が成り立つ原理は積み木の原理


 

私達人間の肉体とすべての建築物は同じ原理で成り立っています

すなわち重力のルールに基づく「積み木の原理」です

積み木を積み上げる時、一個目の木が水平であれば

2個3個と次々に積み上げても重心さえずらさずに積み上げれば


少々積み上げても崩れることはありません

それどころか地球の重力がプラスに作用して

構築した積み木に芯が通り、より安定するようになります

私たち人間社会の建築物も全く同じです

即ち建物の基礎・基盤さえ完璧に水平であれば

大黒柱を始めとする全ての柱も完璧に垂直に立てられます


そうすれば地球の重力がプラスに作用し

基盤と柱の連携はより強固で安定したものとなります

そうなると床も壁も天井も2階も窓もドアも正常に組み立てられ

床下に施工されたガス管や水道管さえ正常に機能します

ところがもし1度でも基盤が傾けばどうなるでしょう?

全ての柱は垂直に立てられずそこに重力が掛かれば

建物は即座に崩壊してしましいます




そして私達人間の肉体も正に積み木と同じ原理で成立しています

すなわち基礎となる一枚目の積み木こそが骨盤なのです

強い重力の働く地球の脊椎動物たる人間

その人間の肉体の基盤である骨盤さえ完璧に健全で水平であれば


骨盤が支える脊椎群のすべてが正常で健全に機能します

そして骨盤内の臓器群のすべても正常で健全に機能します


そして骨盤周りの循環器群のすべても正常で健全に機能します

そして骨盤から伸びる脚部骨格も正常で健全に機能します


つまり人間は骨盤さえ健全で水平であれば

地球という強い重力の働く星の肉体動物として

骨盤を基盤とする全ての生体機能が物理的に正常に機能し

あらゆる万病に付け入る隙を与えないのです





ところが21世紀を生きる人間の99%は骨盤異常を抱えています

そしてそれこそが人間が万病に苦しむ要因なのです

それは世界中に氾濫する座る道具の99%が

太ももに重力を分散させるL字坐法坐具だからです

だからこそそのような椅子・シート・ソファに座り続ける人間は


股関節を支点に骨盤を沈下させ傾かせ続けているのです

もし貴方が

「私はどんな時でもお尻でしか座りません!」

という方なら間違いなく骨盤異常がなく万病無縁の稀有な方です


ですがそんな骨盤が完璧で万病と無縁な

私のような方は滅多におられません

つまり有史以来、私達人間は

目には見えない地球の唯一絶対物理である

万有引力(重力)に敬意も注意も払わず

安易な太もも(L字)坐法を座る文化として定着させてしまった


だからこそ無意識のうちに骨盤異常を招き

それが原因で万病スパイラルにはまっている事さえ気づかない

だからこそ人間社会は


あらゆる対症療法を仕事として生み出してしまった・・・・・



裏を返せば

人間社会が座るという行為に対して

人間の骨盤を始めとする脊椎の成り立ちに思いをはせ

地球の強い重力に恐れを抱きその影響力を考慮していたなら

骨盤だけ=坐骨だけ=お尻だけに重力が集中する坐具を

開発し普及させるべきだったのです


そうすればいつどこでだれが座ろうと

重力で骨盤異常を引き起こさない

健全な座る文化を普及させることができたのです

そうすれば人間は万人に与えられた万病無縁の健全な生体機能を

まさに、すべての人が享受する事ができていたのです




でもそれは過ぎ去った事で大切なのはこれからです

私たち人間は何より座り方を改めなければなりません

太ももを使わずお尻だけで座る

たったそれだけの事に意識を向けるだけで

人間は骨盤が健全化し出し

あらゆる万病に付け入る隙を与えません


それは人類が太もも坐法をしない限り

すべての人間に本来与えられていたものでもあるのです




しかし日本のような高学歴社会で

既成概念を学んだ人間が多い社会ほど

この論理に心を開く人さえ少ないのです

「座り方を変えるだけで万病と縁が切れる⁉」

「それじゃあの賢いお医者様は苦労しないよ・・・」


しかしこれは紛れもなく事実なのです

何故なら5年間、究極のお尻坐法を続けた私の

医者いらず・薬いらず・整体いらず・健康食品いらずの

スーパーマンのような心地良くも力強い肉体が

何よりそれを証明しているからです














 








 

株式会社ピーゼット(座る革命・体内物理研究所)

☏0721-62-5582


代表 和田充雄  キャッチボール 090-7556-3200