ゴムスポンジ加工やウレタン加工は大阪の株式会社ピーゼットへ

メールはこちら

rss

 

重力と骨盤

 

地球の強い重力とその地球の脊椎動物たる人間の骨盤には

密接かつ強力な相関関係があります





人間の肉体の基盤である骨盤は

左右の寛骨の間に上からくさびの様に

脊椎の土台となる仙骨が組み込まれています

これは地球の強い重力を計算して精巧に設計されたもの

としか言いようがありません




そして仙骨と左右の寛骨は一枚岩ではなく

微妙に可動域があります

この肉体のど真ん中の仙腸関節を内包する骨盤さえ

健全に保つ事ができれば


人間は地球の強い重力圏で

あらゆる生体機能を物理的に完璧に保つ事ができるのです

それは即ち万病と無縁でいられるという事です

ところが現代人ほど骨盤に物理的異常をきたしています


それは人類が自ら普及させた太ももに重力を分散させる

L字坐法文化が最大の原因です




それによって見えない体内で骨盤が股関節を支点に傾き・歪み

骨盤の位置不全・角度不全・形成不全を引き起こし


それが引き金となって積み木崩しの様に

あらゆる体内物理を崩壊させているのです





地球の強い重力圏において

脳が大きいからこそ直立二足歩行になった人間は

上半身のほとんどの重力を骨盤が受け止めています

そして立っている時は股関節を通して左右の脚部骨格が

骨盤を垂直線で健全に水平に支えます


そしてさらに同じ垂直線上にあるものが坐骨なのです


この骨盤を設計した誰かは

「座る時はここで座れよ!」

との思いを込めているのです



骨盤最下点の左右の坐骨は平面に揃うためこのように独立します

これこそが骨盤が健全に立った状態であるのです


つまり人間は座骨に100%重力を集中させて座れば

立っている時と同様に骨盤に垂直の重力をかけることができ


骨盤の位置・角度・形成を健全に保つ事ができるのです

ところが人間は座骨に重力を集中させる座り方ではなく

太ももに重力を分散させる座り方をしているのです

それは世界中に氾濫する椅子やシートを見れば歴然です


すべてが太ももに重力を分散させる形状であり

骨盤最下点の左右の坐骨に重心が来ない形状なのです


だからこそ骨盤が股関節を支点に微妙に傾き


健康の基盤である最も大切な骨盤を見えない体内で歪め

骨盤の位置不全・角度不全・形成不全を引き起こし

その骨盤を基盤とするあらゆる体内物理を崩壊させ


結果としてあらゆる生体機能麻痺を招いているのです



そして私たち人間はそのあらゆる生体機能麻痺に対し

あらゆる病名をつけて


西洋医学・薬学・整体学・マッサージ学・健康食品学などの


あらゆる対症療法のアカデミズムを生み出したのです

そして人間はあらゆる文明を進化させたにもかかわらず

有史以来2千年以上も座り方間違いに気づかず


あらゆる万病に翻弄され

諸悪の根源が重力軽視の太もも坐法にある事がわからぬまま


それらの対症療法に頼り切った人生を歩んでいます



私は当初大上段に身構えて

この間違いを正そうとしました

しかしそんなことはできるわけがありません

なぜなら人間社会は有史以来

2千年以上も座り方間違いに気づかず

あらゆる対症療法を仕事として根付かせてしまったからです

それで生活をしている人々がどれほど多い事か・・・

いくら私の論理が正しいとしても

早急に世の中の常識をひっくり返す事は

世間も神様も許してはくれません

だから一人ずつ口説いてザコザーラに座らせる・・・

そうして骨盤が矯正されて起立していく・・・

その心地良さを体感させる・・・

そんな地を這うやり方でいくしかない!

と覚悟を決めたのです














 

株式会社ピーゼット(座る革命・体内物理研究所)

 代表 和田充雄  キャッチボール 090-7556-3200