ゴムスポンジ加工やウレタン加工は大阪の株式会社ピーゼットへ

メールはこちら

  社長の事業計画書

 

 私ども㈱ピーゼットは昭和46年の創業期よりある公共施設の高反発高密度関節材
の製造を主たる事業として営業して参りました。しかし、近年その需要が減少し、
今までは平気で破棄していた加工残材を「何とか有効活用できないものか?」との
思いがつのり、結果として「人類の健康を底上げする物」につながったのです。

 関節材の売り上げ減少に伴い、3年前よりホームページを立ち上げ新規顧客の開拓を
始めました。想像以上に効果があり顧客も売り上げも伸びだしました。そしてある日、
青森の助産師の方から「妊婦さんのために骨盤を広げるため、高反発の素材で半円柱
のクッションを作って頂けますか?」との要望があり、その目地材の残材が初めて日
の目を見たのです。助産師の方は気に入って頂き、今まで500個位出荷しました。

 そしてある日、私がその商品に何気なく座ってみたのです。私はもちろん妊婦ではな
いので、妊婦の方が座る方法とは違う方法、つまり半円柱の山の部分に左右の坐骨が乗
るようにして座ったのです。10分ぐらいたったでしょうか。作業場に行こうと立ち上が
って歩き出そうとした時、私は思わず立ち止まったのです。生まれて初めて実感する
「腰の軽さに驚き感動して」です。そして何度も座り直し「これってどういうこと?」
と自分に問いかけました。そして、何度も座り直すうちにようやく腑に落ちたのです。

 私は30歳の時、少林寺拳法の乱捕り試合で懐の深い体格の大きな相手に効き足の右足で
限界を超えて深く蹴り込もうとしたため、骨盤を形成する右の寛骨が落ち込んでしまい、
それが癖になってそれ以後60歳になるまで、半年に一度は整体師の先生に治療してもら
わなければ右腰が落ちてどうしようもありませんでした。ところがその物(骨盤押上座具
「ザコザーラ」と名付けました)に座り出してからというもの、腰痛が完治しただけでなく
(世界中の整体師の方すみません)、永年通っていた肩こり解消のマーサージ店にも全く
行く必要がなくなったのです。(世界中のマッサージ師の方すみません)

 つまりこういうことなのです。人間が座る時、椅子に座ります。そしてほとんどの椅子は、
40センチ四方の面積を有します。このような座具に深く座ると太ももに重力が分散し、坐骨が
重力の最下点(重心)とならないため「骨盤へのトランポリン効果」が働かず、骨盤が股関節
(骨盤にはまる大腿骨頭)を支点に回転しながら微妙に沈下するのです。それは、安楽な暮ら
しに慣れた都会人や高齢化した人ほど顕著です。何故なら骨盤まわりの筋肉や靭帯が劣化して
いるからです。またフカフカのソファーに脱力して座った時もよりひどく骨盤を沈下させます。

 そして骨盤が体内で沈下すると、骨盤を形成する左右の寛骨(かんこつ=腸骨)にズレが
生じやすくなります。スポーツ選手などは以前の私のように概して利き足の方の寛骨をズレ込
ませます。また骨盤沈下は、当然に脊椎(背骨)を棒状にゆるませ、理想の湾曲を失わせます。
これが脊椎にかかる適度な圧力を奪い「得体の知れないあらゆる腰痛」や「あらゆる脊椎異常」
につながるであろうことは、単純な物理学として見ても明白です。つまり、人類はたったこれ
だけの単純な物理現象「座り方間違いによる骨盤沈下」を見逃してきたため、多くの間違った
座具が普及し、人類の骨盤を沈下させ、あらゆる腰痛とあらゆる脊椎不全からくる骨格不全や
神経系統不全を生み出してきたのです。そして世界中の頭のいい筈の医学者の方々も対処療法
のみに終始しているのです。(世界中のお医者さんすみません)

 なぜ、医者でも整体師でもない私にこんな大それた事が言えるのか?それは何より私が人類
で初めて「骨盤押上座具ザコザーラ」に座った人間だからです。そして2年半、自宅でも会社
でも車に乗る時も、座る度に使い続けてどうなったか?体内で左右の坐骨がギュッと上がり、
骨盤を形成する左右の寛骨が体内上位で水平にビシッとそろい、脊椎(背骨)もギュッと詰ま
って理想の湾曲を取り戻し、肩関節の靭帯や筋肉にかかる負荷まで取れて、ひどい腰痛どころ
か、ひどい肩こりからまでも解放されたのです。考えてもみてください。30歳から60歳までの
30年間、当たり前のようにあった腰の重さと、当たり前のようにあった肩こりが、セットで私
の体から消え去ってくれたのです。62歳にして、この生まれて初めて体感する爽快感は感動的
ですらあります。今の私の腰は若いころでも感じたことのないような軽さと強さを実感し維持
しています。まるでスーパーマンに変身したような異次元未体験の健康ゾーンです。こんな感
動的な発見をどうして黙ってられるでしょう!?

 話は前後しますが、椅子・座席・ソファー・座椅子・車椅子などあらゆる座具にかかわる業界
の皆様にお願いです。「正しい座り方」と「座るほどに骨盤が矯正され上位で安定する」この
二つの原理を取り入れれば今までにない座具ができます。そんな座具で世界中を埋め尽くせば
人類を異次元の健康ゾーンに導けます。これは「座る革命」です。間違いなく世界の関連産業が
活気づくに違いありません。世界中の座具が正しい座り方を促すような座具に生まれ変われば、
人類の健康寿命は間違いなく10~20年、いやそれどころか30年は延びるでしょう。そして人類
の医療費も大幅に削減できるに違いありません。あまりにも愚かしく、あまりにも単純な人類史
上最大最悪の見落とし「間違った座具の普及による世界中の人々の骨盤沈下、そしてそれを要因
とするあらゆる人体の生体機能低下」。けれど、私たちは人間です。改めるのに遅すぎることは
何一つありません。そのために、<座る革命プロジェクト>に協賛して頂ける皆様を募集いたし
ます。

 そして今までの負の遺産、つまり「間違った座具の普及=間違った座り方=世界中の多くの
人々の沈下した骨盤をどうするか?」ということです。それは骨盤トランポリン効果×人体親和
性弾性体=骨盤押上座具「ZacoZala(ザコザーラ)」が解決します。これから世界中の沈下した
骨盤を持ち上げまくりますからどうぞご期待ください。ただし、これも私共小さな企業だけでは
できません。あらゆる皆様のご協力が必要ですので何卒よろしくお願い申し上げます。

 そして一個人としての皆様にもお願いです。あなたも1日でも早くザコザーラの愛用者になって
ください。そうして私のように異次元の強い健康(=軽くて強い腰とギュッと詰まった脊椎)を体
感してください。そうしたらきっとあなたもザコザーラの伝道者になって頂けるに違いないのです。
そうして人類の肉体がより強く健全になれば、人類の心ももう一段強く=やさしくなれるに違いな
いのです。


                
2017年10月23日 座る革命プロジェクト 室長 和田 充雄

★ザコザーラは本来商売に利用すべき物ではありません
世界中の人に一人一個配ればそれだけで世界中の人が万病スパイラルから脱出し
未曽有の健康人生を謳歌する事ができる
これは素晴らしい世の中の実現です
ザコザーラでお金が儲かったら問答無用で私はそれを実現したいと考えています



 


株式会社ピーゼットは父より引き継いだ会社ですが
以下のトムスビジョンは平成元年より私が創業し営業させて頂いております
ザコザーラが日の目を見るまでトムスビジョンも頑張らないといけません


TOMS VISION



<代表プロフィール>2018年11月現在
氏   名 : 和 田 充 雄
性   別 :   男  性
生年月日 : 1954年12月18日(63才)
家   族 : 妻(45才)と長女(11才)と長男(9才)と次男(6才)
学   歴 : 勝手気ままの独学                       
好きなもの: すべての人間(みんな神様から幸せになって来いよ!
         と背中をたたかれて生まれ落ちた仲間だと思うから)
嫌いなもの: 見栄・損得・世間体の価値観
望むもの : すべての人間の心身が健康になること

魂のサイト

純武心幸福道場