座る事が苦にならず、それどころか楽しくなり、座れば座るほど肉体が気持ち良くなるザコザーラ。

ゴムスポンジ加工やウレタン加工は大阪の株式会社ピーゼットへ

メールはこちら

rss

 

重力と正しく付き合えば
人間は病気にならない


物事にはすべてにルールがあります
人間社会にはどの国にも法律というルールがあり
小さなグループにもそれぞれにルールが存在します
そして人間はそんなルールを守ります
けれども人間はそんな小賢しいものとは
比べ物にならない最大のルールを犯しています

 

それは重力です


人間は重力の強く働く地球の肉体動物です
人間以外にも地球の肉体動物は多く存在します
その中で唯一人間だけが「椅子に座る」行為をします
ここに重力というルールを犯す
大きな落とし穴があったのです

座る行為そのものが悪いのではありません
悪いのは太ももに重力を分散させる座り方です
それによって体内重力が座骨に集中せず
股関節を通して大腿骨に分散する
だからこそ人間は重力で骨盤を傾けてしまうのです



 

骨盤が傾くと

 

人間の体内物理が崩れ出すのです

それはまさに積み木崩し・ドミノ倒しと同じです
まずは骨盤を形成する寛骨と仙骨の連携が狂います
これは腰痛に直結します
脊椎動物である人間の肉体の基盤である骨盤異常は
それだけで人間の生体機能を正に台無しにするのです




次に骨盤内の臓器群が機能麻痺に陥ります
整腸機能不全・生殖機能不全・泌尿機能不全
これらの生体機能不全も骨盤さえ傾かなければ
決して重力がマイナスに働くことがないのです




次に骨盤が支える仙骨も落ち込み傾きます
仙骨は腰椎・胸椎・肋骨・肩関節・頸椎・頭蓋骨
これらのすべての基礎となるものです
仙骨の位置と角度が狂うという事は
上半身の生体機能のすべてを狂わせるべく
重力がマイナスに働くのです

次に骨盤の落ち込みと傾きは
骨盤直下の血流・リンパ流の循環器群を阻害します
エコノミークラス症候群や車中泊による急病
果てはリンパの淀みが生むであろう難病の数々
これがどれほど人間を不幸に陥れているか!?
これらも骨盤が傾いて
重力がマイナスに機能するからこそ起こり得るのです

そして最後に骨盤が傾けば股関節異常にも直結
脚部骨格の連携に異常をきたし重力がマイナスに働く
人間が歩けなくなり寝込んだらどうなるでしょう
本人のみならず家族全員を不幸にします
・・・・・・・

すべては人間が重力を知らないから起こる事です
重力の強さを知らないから人間は太もも坐法をする
だからこそ骨盤を傾けてしまうのです
そして骨盤の傾きが地球の強い重力と相まって
人間の体内物理を崩壊させている
そして有史以来人類はまだその愚かな間違いに
医学者を筆頭に気づいていないのです

それは世界中に氾濫する椅子やシートなどの
L字坐法坐具の存在が証明しています
誤解を恐れずに言えば
これらはコロナウイルスより恐るべきものです
何故ならL字坐法で骨盤を歪め
体内物理を崩壊させているからこそ
人間本来の健全な生体機能や免疫機能を
著しく低下させているからです

重力と骨盤を知れば正しい座り方がわかります
つまり骨盤最下点の左右の坐骨に重力を集中させる
(=太ももに重力を分散させない)
たったそれだけの事なのです




たったそれだけの事に注意を向け
正しく座れば骨盤は立ったままで傾かない
そうすれば人間の体内物理は重力で崩壊しない
即ちあらゆる生体機能麻痺がおこらない
(=あらゆる病気にかからない)
という事なのです

さらに重力と正しく付き合う方法を言うなら
人間は伏して寝るべきなのです
(=下向き・うつ伏せ)
そうすれば骨盤を形成する左右寛骨の先端と
恥骨の先端が床面で揃うべく重力が掛かります
つまり伏せ寝をすれば地球の強い重力が
寝ている間中、骨盤を矯正してくれるのです







坐骨で座るのも
伏せ寝をするのも
これは商売には関係ありません

私は究極
商売なんてどうでもいいのです

(社員が一人もいないからこそこんな事が言える)
この論理が世界中に広まり
世界中の人がL字坐法をやめ
座骨( i 字)坐法に徹するならば
私の様に人間本来の異次元の健康を
享受する(取り戻す)ようになります
それは私自身がどんな名誉や大金を手にするより
私自身の幸福に直結する事です

でもそうすると
L字坐法の普及で出来上がってしまった
あらゆる対症療法の仕事の必要性もなくなり
多くの人が仕事を失ってしまう
・・・・・
だからこそ「座る革命」はゆっくりと
進めざるを得ない
・・・・・
かと言ってL字坐法で人間本来の健康を享受できず
あらゆる万病に苦しんでいる人々を
見て見ぬふりして何も言わない
そんな事も出来る訳がないのです
・・・・・





 
 ㈱ピーゼット 
座る革命・体内物理研究所・万病無縁倶楽部 
代表 和田充雄

☏ 0721-62-5582    直通 090-7556-3200