株式会社 ピーゼット(公式HP)

メールはこちら
健康に待ったなし!只今365日24時間受け付けております❣

rss

 

            人間の骨盤の歪み

それは建物の基礎の歪(ゆが)みと同じです
建物の基礎に少しでも歪みがあると
健全であるべき建物のすべての機能が<重力で>狂い出します

全く同様に人間の骨盤に少しでも歪みがあると
健全であるべき人間の肉体のあらゆる体内物理と生体機能が
<重力で>狂い出だすのです
・・・・・・・・・・・・・・・・・
それは安楽な暮らしに慣れた現代人ほど顕著です
では何故人間は大切な骨盤を歪ませているのか?
それは人間が太ももに重力を分散させて座り出したからであり
だからこそ骨盤最下点の坐骨に重力が集中しないからであり
そして骨盤は股関節を支点に落ち込み傾き歪むのです
人間の骨盤は一枚岩ではなく三位一体の構成物です




左右の寛骨に上から楔(くさび)のごとく組み込まれた仙骨
この三つの骨の連合体こそ骨盤なのです
そしてこの骨盤には自らを矯正する機能が備わっています
それは左右の坐骨に重力を集中させる事で
三位一体の骨盤のバランスが均整化するというものです


骨盤が完璧に立った時=恥骨と寛骨の先端が垂直面に揃う!
・・・・・・・・・・
つまり人間は
左右の坐骨に重力を集中させる座り方をしていれば
そして寝る時は伏せ寝をすれば
地球の最大の法である重力が骨盤を正してくれるのです

そして歪みのない正しい骨盤で
さらなる坐骨重心座法(=お尻だけ座法)を続ければ続ける程
骨盤を基礎とする人間の脊椎と骨格を<重力が>正し
それらに付随するあらゆる生体機能をも
(=脊椎・骨格・関節・血流・リンパ流・内臓)
<重力が>正常化させ健全化する
・・・・・・・・・
裏を返せば
人間社会が万病スパイラルから抜け出せないのは
「重力を敵に回したライフスタイルで骨盤を歪めているから」

に他ならないのです
そしてそれこそが人間社会が有史以来続けている
太ももに重力を分散させるL字座法文化なのです
そして近代化し安楽な暮らしに慣れた現代人ほど
あらゆる状況でL字座法を行い骨盤を歪めている
そして頼るべき医学界がそこに気付かない
(医学界には骨盤がL字座法で重力の暴走を招いて歪むという単純物理を無視する不文律が根底にあります)
だからこそL字座法文化は世界中にあふれ
だからこそ人間は万病スパイラルから抜け出せず
だからこそ医学・医療は重厚長大産業となっている
・・・・・・・・・・・・
人類(人間社会)は
L字(太もも重心)座法文化を断捨離し
I 字(坐骨重心)座法文化に一新すれば
地球の唯一最大の法である重力が人間の骨盤を正し
人間の肉体は重力と和合し
人間本来の健全な生体機能を享受できる社会に
生まれ変わることができるのです
そうすれば人間は万病・難病と無縁になっていく
現在67歳にして万病無縁の私のように
・・・・・・・・
裏を返せば重力を敵に回すL字座法文化が
あらゆる対症療法の仕事を生み出していたのです
人間社会がL字座法文化を断捨離して
I 字座法文化に一新すれば
人間は万病・難病と無縁に成って行き
120歳まで生きる事が普通になる
(それはかく言う私がいずれ証明する事になります)
それには必然的にあらゆる対症療法の産業の縮小
という痛みが伴うのは避けられない事です
・・・・・・・・・・・・
どちらにせよ人間社会において
L字座法文化からI字座法文化への変換は時間がかかります
けれどもあなた一人が I 字(お尻だけ)座法を始める事は
工夫すれば今からでも始められます
★ちょっとしたデスクワーク時には椅子には浅く座る
★車に乗る時にはティッシュケース座法をする
★小さな辞書にタオルを巻いて座骨を乗せて座る
★座布団は二つ折りにしてお尻だけで座る
・・・・・・・・・・
そうして重力と正しく付き合う事を1か月も続ければ
あなたの肉体の重力基盤である骨盤が正常化し
脊椎・骨格・血流・リンパ流・内臓などあらゆる生体機能も
重力が最大の味方となって正常化して行きます
そうして心地良い肉体になったあなたも理解できるでしょう
「人間は座り方を間違えて重力基盤である骨盤を歪め
重力を敵に回す事であらゆる生体機能を痛めていたんだ
裏を返せば
神様(天)は私達人間に病気など与えてはいなかったんだ」
という事を
・・・・・・・・・・・・・・





株式会社ピーゼット
☏ 0721-62-5582


(座る革命・体内物理研究所・万病無縁俱楽部)

 
 代表 和田充雄
直通   090-7556-3200

株式会社ピーゼットは父から受け継いだ会社です
昭和46年に創業し高速道路の橋脚用緩衝材の高反発ウレタンを加工する事が主たる仕事でした
ところが日本のインフラが進み新規の高速道路の需要が激減した事で会社の売り上げも激減しました
そうすることでそれまでは平気で破棄していた緩衝材の加工残材がもったいなくて捨てられなくなったのです
そこで会社のホームページを立ち上げ宣伝をしたのです

・・・・・・・・・・
そうすると青森の助産師さんからオファーがきたのです
「高反発の素材で半円柱のクッションを作って欲しい」
妊婦さんが赤ちゃんを産む時、三位一体の骨盤は恥骨結合が離れます
そうする事で骨盤が開き安産につながるからです
ところが現代の妊婦さんはインターネットで下調べする
そうして安易な帝王切開の知識をみにつける
そこでできるだけ自然分娩で赤ちゃんを産ませてあげたいとその助産師さんは考えた
「半円柱の高反発のウレタンの丸い所を下にしてなおかつ縦向きに座らせれば骨盤が開くべく重力が働く」
そうして加工残材がようやく日の目を見るようになったのです
・・・・・・・・・・
けれども高反発のウレタンを半円柱に加工するにはプレスではできない
一つ一つ手加工でしかできず上下不揃いの失敗作も当初は少なからず出たのです
そしてそれさえも貧乏会社の社長である私はもったいなくて捨てられない
「そうか、妊婦さんはこれで安産につながるんだ・・・
でもまあ私は男だから座布団代わりにこう置いて座ってみよう・・・」
と、私は何気なくその半円柱の高反発ウレタンを横向きにして丸い部分を上にして座り
デスクワークを始めたのです
・・・・・・・・・・
15分ほど経ったでしょうか?私は作業に行こうと立ち上がり1歩2歩と歩き出しました
そして3歩目に脳に衝撃が走ったのです
「えっ!この骨盤の心地良さはなんだ!いったいどういう事なんだ!?」
私は座っていた半円柱の高反発ウレタンを見つめました
そして「えっ、骨盤てどうなってるんだ?」とインターネットで医学用の正確な模型を男女分注文したのです
そうして骨盤の構造を腑に落としながらその物に座り続けたのです
その発見をした時、私は60歳になって3か月経過していました
・・・・・・・・・・・
当時の私はひどい腰痛持ちでした
それは30歳の時、武道の乱捕り戦で体格の大きな相手に無理をして利き足である右足に
異常な負荷をかける事で骨盤を形成する右の寛骨をズレ込ませたからです
それからというもの数か月に1回は柔道整復師の先生に右の寛骨を押し込んでもらわないと
まともな生活ができない腰痛持ちになったのです
ところが30年後にひょんな事から自社で扱う小さな高反発ウレタンにお尻(坐骨)だけで座った
それが私の人生を激変させたのです
 ・・・・・・・・・・・
それに座り続けた3か月後
30年間苦しんだ腰痛がほぼ完璧に私の体から消え去ったのです
それは高反発の半円柱のウレタンに左右の坐骨を乗せて座る事で
<重力と梃子(てこ)と反発の原理>で
左右の寛骨が股関節を支点に正常な位置と角度を取り戻したからです
そうする事で仙骨と仙腸関節も完璧に正常に成り腰痛の原因が消え去った
そして話は腰痛が完治しただだけでは終わらなかったのです
腰痛がひどいという事は骨盤が傾き歪んでバランスを崩していたという事です
という事は上に連なる脊椎(背骨)も肋骨も頸椎も歯の噛み合わせも骨盤が支える臓器群も
そして骨盤周囲の血流・リンパ流の循環器群もすべてが重力物理の必然として異常を起こしていたのです
・・・・・・・・・・
つまり積み木の1枚目が傾いていたら2枚目3枚目もまともに積みあがりません
裏を返せば積み木の1枚目が完璧に正常で水平であれば
これも重力物理の必然としてすべてが正常に積み上がります
つまり腰痛が完治してなおかつ坐骨重心座法を続けた結果
肩こり・歯の嚙み合わせ不全・メタボ腹・水虫と
私なりの万病のすべてが順次消え去って行ったのです
(どんな薬を試しても治らなかった足先の水虫までが治ったのは骨盤が完璧に正常化した事で
骨盤周囲の太い循環器群が淀みなく流れだし末端の足先まで栄養分が届いたからに違いないのです)
・・・・・・・・・・・・

裏を返せば人間が万病・難病を手にした理由はたった一つです
<それは人間が太ももに重力を分散させて座り出したから>
だからこそ人間は肉体の重力基盤である骨盤を股関節を支点に傾け歪め続けている
そして見えない体内で傾き歪んでいる骨盤でさらなる太ももに重力を分散させる座法を続けている
そうする事で健全であるべきあらゆる体内物理を崩壊させあらゆる生体機能を重力で淀ませ痛めているのです
・・・・・・・・・・・・
人間の肉体は一軒の建物と同じです
健全な建物をつくるにはまず何より重力基盤たる基礎を完璧に水平に作る事が大切です
そうでなければ(基礎が少しでも傾いていれば)
柱も壁も床も2階も3階も床下を走るガス管も水道管も電線も床に設置された家具や電化製品も
決してまともには組み立てられず正常に機能しません
つまり人間の肉体の全ても重力物理の法の下に設計され組み立てられているのです
そしてその肉体の重力基盤こそが骨盤なのです
人間が地球上で物を作る時は必ず重力基盤をから作り始めます
建物は基礎、車は車体、機械は基盤、コップや食器は底面・・・
そして神様も人間を作る時、地球の重力物理の法のもと
水平であるべき骨盤から作り始めたに違いないのです
そんな肝心かなめな骨盤を人間は自らのL字座法で
正に台無しにしているのです
・・・・・・・・・・
今、当社では座れば座る程に重力で骨盤を正すクッションをザコザーラと名付けてそれを製造販売しています
しかし上から神様やご先祖の叫び声が聞こえます

「お前の商売なんかどうでもいい!
早くその原理を世界中に広めろ!」

・・・・・・・・・・
私は幸運にも人類で最初にこの原理に巡り合う事が出来ました
(この原理で検索しても私のサイトしか出てきません)
そして骨盤さえ健全であれば重力が肉体とあらゆる生体機能を強靭かつ健全にしてくれます
万病無縁で強靭な肉体、これは人間にとって100億円の現金にも勝る財産となります
私自身、これさえあれば怖いものは何もなく、人間として生きる毎日が楽しくて幸せでたまりません
そしてこのままいけば間違いなく私は人類の寿命を更新する(120~130歳)事になるでしょう
私はもう見栄も損得も​世間体もどうでもいいのです
後はこの「万病無縁で強靭な肉体になる原理」を世界中に広めたい​

そうしなければいつか霊界に行った時、上で見ているみんなに袋叩きに会う事は間違いないからです
・・・・・・・・・・・・・
もし私がそれなりの企業の経営者で財力と人材力があったなら
この原理を人間社会に具現化するあらゆるプロジェクトチームを作る
まずは「ザコザーラ」のようなI字座法サポートクッションの研究・開発・製造するチームをつくる
そしてそれをあらゆる分野に普及する営業チームをつくる
そして次にL字座法からI字座法に刷新した椅子・シート・ソファーの開発チームを作る
はたまたあらゆる家具や座具業界とタイアップしてより良いものを生み出す
そうして「ザコザーラカフェ(骨盤が立つ喫茶店)」のようなものを展開し
I字座法座法クッションやI字座法チェアやシートのショウルームにする
大阪万博にも間に合うよう尽力する
世界のジャーナリズムにもこの原理の必要性を理解してもらい広めてもらう
「重力と正しく付き合い肉体の重力基盤である骨盤を正せば人間は万病と無縁になる」
けれども私はこの原理を見つける事は出来たけれども広げる力(資金・人材)がない
・・・・・・・・・・・・
そしていずれ「座る革命プロジェクト」が進みだし軌道に乗りグローバルスタンダードなれば
人間社会は座る文化を刷新する産業革命につながり素晴らしい健康長寿社会が実現する
その反面
有史以来のL字座法文化が生み出したあらゆる対症療法業界は必要性がなくなっていく事になる
・・・・・・・・・・・
すべてはなるようになっていく