現代人ほど不妊に苦しむ不合理

ゴムスポンジ加工やウレタン加工は大阪の株式会社ピーゼットへ

メールはこちら

rss

 

現代人ほど不妊に苦しむ原理

 

人間社会が近代化するに比例して不妊に悩む方が増えています
昔の日本の農村を考えてみてください
ほとんどが子だくさんでした
ではなぜ食料も医療も発達した現代で不妊に苦しむのか?
・・・・・・・
それは人間社会が近代化するに伴い

より安楽に座る機会が増えたから

だからこそご夫婦とも骨盤を傾けてしまっているのです
当然にあらゆる生体機能麻痺を引き起こすのは物理的必然です
つまり骨盤の傾きは家の基盤が傾くのと同じで
床下のガス漏れ水漏れを起こすが如く
骨盤内臓器不全を引き起こしている
座る事そのものが悪いのではありません
骨盤だけ座骨だけお尻だけで座る事に問題はないのです
何故なら太ももに重力を分散させずにお尻だけで座ると
骨盤に垂直の重力が掛かるからです
そうすれば骨盤は左右の座骨が杭打ちを発揮して
股関節を支点に傾く事がありません





問題は太ももに重力を分散させて座る事です
それによって重心が座骨から大腿骨に移り
骨盤が股関節を支点に重力で傾くのです
(座面が柔らかければ柔らかいほどに)

お判りでしょうか?
昔の、そして特に農村の人々ほど
そのような安楽な座り方をしてはいなかったのです
それどころか
田畑に行くまで鍬(くわ)を担いで歩いて行き
自分の足腰でぬかるんだ田畑を耕した・・・
そして用を足す時でさえスクワットをやるがごとく
足腰を鍛えていたのです
そして座る時も西洋式の柔らかいソファーに
L字に深く腰掛けるような事がなかった
だからこそ農家の夫婦とも骨盤周りの靭帯や筋肉も強靭で
骨盤の形成も角度も位置も正常だった
・・・・・・・

つまり昔の農村部の人ほど
骨盤が完璧に立っていたのです

そして骨盤に守られる臓器こそが
消化器であり泌尿器であり生殖器なのです
・・・・・・・・
つまり
地球という1Gという強い重力の働く星で
その重力の理に反する行為をすると
てきめんに重力がマイナスに作用するのです
人間社会が迷いなく選択した太もも(L字)坐法
それこそが人間の生体機能の基盤である骨盤を傾け
それによって地球の強い重力がマイナスに機能し
不妊や腰痛を始めとする
あらゆる人間の健全な生体機能を重力で麻痺させている
・・・・・・・
不妊治療に高額な費用かける前に
奥様はお尻だけ座布団を2個作り
ご夫婦で徹底して I 字座法をするべきなのです
(面倒ならザコザーラを2個ご用命ください)




㈱ピーゼット 座る革命 
代表 和田充雄
☏ 0721-62-5582